耳鳴りに悩まされているのなら|正しい治療方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

耳垢栓塞を治療できます

ドクター

耳掃除に注意

子供の耳掃除をするときには注意が必要です。もともと耳垢は食べ物を食べる際の咀嚼や走った際の振動などで自然と剥がれ落ちて耳の外へと排出されるようになっています。また耳の中はアポクリンセンと呼ばれる分泌液によって清潔に保たれているため、耳かきや綿棒などで必要以上に掃除をする必要はありません。それでも耳垢や汚れが気になる際には綿棒をベビーローションなどに浸して優しく汚れをぬぐい取るようにするとよいでしょう。力を入れて耳掃除をしたり頻繁に耳掃除を繰り返したりすると音の通り道となる外耳道を傷つけてしまい外耳道炎から耳垢栓塞になってしまう場合があります。外耳道炎では耳道に炎症が生じることで耳の裏側などに痛みが生じます。軽度の場合はそのまま自然に回復することも多いのですが、ときに耳道内にできたカサブタがアポクリンセンによって固まってしまい耳道がふさがってしまうと耳垢栓塞になってしまいます。

アクセスに恵まれています

耳垢栓塞では固まった分泌物が耳の内部を圧迫することにより痛みが出たり、音が聴き取りにくくなるなどの症状がみられるようになります。自然には回復しないので耳垢栓塞となった場合には耳鼻科での治療が必要です。新宿の耳鼻科ではこの耳垢栓塞の治療を行っています。耳垢栓塞の治療では耳の内部で固まってしまった分泌液を柔らかくして取りやすくするために耳垢水と呼ばれるグリセリンを耳に入れる必要があります。耳の内部に液体を入れると一時的にめまいなどの症状が現れることがあるので、自分一人で耳鼻科まで通院できる年齢の子供であっても付き添いが必要となります。耳垢栓塞の治療は公共交通機関に恵まれた新宿の耳鼻科がおすすめです。新宿の耳鼻科であれば子供を連れて移動する場合でも電車・バス・タクシーなどを利用して移動できるので渋滞に巻き込まれやすい都内で車を利用することなくスムーズに治療を受けることができるメリットがあります。耳垢栓塞の治療などで耳鼻科へと通う必要がある場合は公共交通機関によるアクセスが容易な新宿の耳鼻科で治療を受けましょう。